意外と根深い?薄毛とあがりの関係

AGA(男性型脱毛症)とあがり症はそれぞれに全く関連性のない症状です。
症状的に言えば、AGAは薄毛、あがり症は緊張、この通り関連性はありません。

また、あがり症の人がAGAになることは可能性的にはありますが、お互いの症状が関係し合っていることはありません。しかし、AGAの人があがり症になるという可能性はゼロとは言えません。

関係ないようで両症状に悩んでいる人も意外と多い

あがり症については激しくあがらないための対策でも書いていますが、心の問題が起因していることがあります。この心の問題というのは厄介なもので、今までそうでなくてもある何気ない出来事がキッカケとなり起こることも往々にしてあるものです。

特に、薄毛などの見た目に大きく関わる現象は、人の羞恥心に強く作用します。羞恥心が強い方やプライドが高い方などで薄毛が進行すると人にも相談できず、一人で深刻に考え込んでしまうこともあります。

実際に薄毛が進行したことで友達付き合いが悪くなったり、人前に出るのが嫌になり、行動・性格ともに内向的になってしまう方も多いです。

増してや、薄毛のことを人前でネタにして笑われたり、馬鹿にされることで、心に傷を負い、人前に出ることが苦手になってしまう人もいるものです。

薄毛の予防はあがり症の予防にもなる?

厳密にはAGAとあがり症は関係ありませんが、あがり症の引き金になる可能性はあるものです。AGAもあがり症もどちらも克服は難しいものではありますが、AGAは方法によっては技術的に克服することもできます。
AGAの進行を防ぐための対策

あがり症は心の病なので絶対に克服する方法はなく、気長に治療に励む必要があります。どちらが深刻ということは一概に言えるものではないですが、どちらも厄介な症状です。AGA(薄毛)に関しては早期対策も可能なので、見た目で悩み、人付き合いを避けるようになってしまわないためにもなるべく早く対策を始めることをおすすめします。

それぞれの症状は全く関係性はありませんが、AGAから人付き合いが苦手になり、コミュ障やあがり症になってしまう人も中にはいますのでそうなってしまわないように注意して欲しいと思います。

特にあがり症の方で薄毛が進行するとそれはそれは面倒くさいことになるので、あがり症の方こそ、薄毛対策は早期に始める必要もあるでしょう。

見た目も心も病んでしまうと治療は大変なので、早期対策をおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加